お問い合わせ
フリーダイヤル052-836-1142
Blog

フィンランドで出会えたペルシャの絨毯

      2017/11/21

今回も前回と引き続き、お伝えするのはこの夏の旅先~フィンランド~

首都ヘルシンキには「ここって絨毯通り!?」と口にせずにはいられないような、絨毯商が集まっている通りもありました。

振り返ってみると、ペルシャ絨毯が愛されるのは世界共通なのだということを感じさせられるような瞬間が今回も沢山ありましたね。

さてさて今回は、旅先で出会った心動かされたセンスの良いコーディネートをシェアしていきます!

お楽しみ頂ければ幸いです♡

 

ある日の午後、現地の友人と訪れたとあるモダンアートの展示会にて…

会場は文化財として保護されている素敵な建物でした。

IMG_5712

IMG_5717

「オシャレなところにトルキャマンありっ!」そう言わんばかりのカッコ良さ、思わず「ブラボー👏」と口にしてしまいました(笑)

 

IMG_5722

お二階にある作品を鑑賞し終え階段を下ると圧巻の眺め、並べて敷くスタイルはインテリアコーディネーターさんがよくしているテクニックです✨

写真の絨毯の部分を手で隠してみて下さい、絨毯一枚でガラッと雰囲気が変わるのがお分かり頂けるかと…これがペルシャ絨毯の魔法ですね。

 

IMG_5723

「この空間、そのまま日本に持って帰っても良いですか!?」と言いたくなる程ため息の出てしまう景色です。

部族系のものやオールド、アンティークと部類されてくる絨毯だと特にペルシャのものは赤系が多くなってきますが、グリーンを指し色で入れるとバランスが取れて私は好きです。

お色目の足し引きはいきなり大きな家具を新調するより、まずはお花や植物で雰囲気をチェックしてみるのが挑戦しやすいかもしれませんね。これから秋になるにつれて、いつもの空間にもちょっとした変化があると気持ちがウキウキするもの、お部屋にお花を咲かせてみるのはいかがでしょうかか?

 

IMG_5710

最後に作品に囲まれながらコーヒーとケーキを頂きました!

フィンランド人の友人に「絵じゃなくてずっと絨毯見てなかった?」なんて言われてしまったり…(笑)楽しい午後を過ごしました。

 

出掛けた先でペルシャ絨毯を使った素敵な空間を見ると嬉しい気持ちになります♡

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 - ペルシャ絨毯, 世界の手織物, 絨毯シーン

TEL 052-836-1142
愛知県名古屋市昭和区山手通1丁目11
メゾン・ド 山手1F
OPEN AM11:00~PM8:00
定休日 毎水曜日
地図を見る
© PERSIAN GALLERY
ページトップへ